おきらく法SO局

新井哲三郎法律事務所のスタッフが毎日の小さな発見・マイブームなどを綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自転車の規制

qoo.png

自転車の規制が活発化してきました。
車道・マナーなどまだまだとらえ方が人それぞれのように思います。

実際、車道は狭いですから、それなのに一時停車など
していると歩行者ですらスムーズに歩けないのが現状。

今こそ付け焼き刃の対策ではなく抜本的改革をしてほしいです。

こういう過渡期には認識の違いで事故になる事もあると思うので
注意したい所ですね。

私は傘さし運転は危ないと思い昔からしないようにしてきましたが、
よく街で見かけるのが晴れの日は日傘、雨は雨傘と常時傘をさして
運転している人です。(曇りの日は分からないですが・・・)

これは携帯打ちながらと同じぐらい危ないので、
お互いのために減って欲しいと思います。

車も自転車もですが、減速することを嫌う運転というのは
気持ち的には分からないでもないです。が、しかし
歩行者が危ないと思わせる時点でその運転はダメなのだと思うことを、
認識すればケースバイケースの場面でも無事故につながるのではないでしょうか。

| 雑記 | 19:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

道交法で自転車の歩道通行が例外的に認められている事項の(3)に、車道や交通の状況から安全確保のためやむを得ない場合、とあります。この判断は、自転車の各運転者に委ねられているのでしょうか。それとも何か、明確な基準があるのですか。私の考えでは、今、自転車が安全に走行できる車道などないように思えるのですが。自転車が車道を走るのは、一般的に極めて危険で、事故の増加につながると思いますが。

| jean-claude | 2011/10/28 10:28 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。
このブログは当事務所のスタッフが書いてあり、新井本人が書いているものではないでその点はご了承下さい。
また当ブログは日々の事をメインに書いており法的な見解をブログに書く事はありません。

私個人としましては自転車が安全に走行できる車道がないと思える意見にはその通りだと思います。
車の運転手の認識の違いで思わぬ事故に巻き込まれるケースも考えられます。
前後の関係を十分注意してトラブルに遭わないようにするのが一番だと私は思います。

| 当ブログ管理人 | 2011/10/28 13:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsusabu.blog82.fc2.com/tb.php/363-48cedab8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。