FC2ブログ

おきらく法SO局

新井哲三郎法律事務所のスタッフが毎日の小さな発見・マイブームなどを綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かぐや姫の物語

ジブリ好きな私として、かぐや姫の物語を早速観てきました。

予告編を見た感想は
かぐや姫が題材だけどずいぶん斬新な切り口
(絵柄ではありません)
でどんな物語なんだろう?
姫の犯した罪と罰
といったコピーも深く深く印象に残りました。

高畑勲監督作品は一般受けが悪いのですが
構想何年やら制作費50億円
(宣伝費は別ですよね)
といった事でただのかぐや姫ではないという
予想を持って観る事を決断。

しかし絵柄は日本が誇れるものだと思います。
長年を通して評価は変わると思いますが、
映画作品としてすごいんだけど面白くない。

こう言わざるを得ないです。

ああいうタッチですごく動くので見始めた時は
すごい!と思っていましたが、
物語が特に普通のかぐや姫なのでだんだん
物語の平凡さの方が絵柄の斬新さを上回ってしまった
これが私の感想です。

映画のCMを見かけて思っていましたが、
PVでああいうタッチだとすごく良いでしょうね。
あ~でも次は予算の問題が出るのか~。

ただこれはよくある映画ではありません。
10年に何作かといった感じだと勝手に思いますので
よくある映画ばかりではなくこういう個性あふれる一本を
見るのも良い思い出になるかもしれません。

ジブリ好きな私は興行成績で苦戦しているので
清き一票という気持ちで貢献したつもりです。
(辛口なので全然清くないですが・・・)

| 映画 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsusabu.blog82.fc2.com/tb.php/760-a24bc4c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。